初めてでもわかりやすい用語集

FFレート (エフエフレート)

FFレートとは、フェデラル・ファンド(Federal Funds)レートの略で、連邦準備銀行(アメリカの中央銀行)に預け入れる無利息の準備金(フェデラル・ファンド)が不足している銀行が、余剰の出ている銀行に無担保で資金を借りるときに適用される金利を指します。
FFレートが成立する市場をフェデラル・ファンド市場といい、日本のコール市場に相当します。
アメリカは、連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、連邦準備銀行の準備金の需給を調節し、FFレートの誘導目標を変更することで、金融政策の決定をしています。

ワンポイント

通常、アメリカの景気が拡大しているときには連邦公開市場委員会(FOMC)はFFレートの誘導目標を上げ、減速しているときには誘導目標を下げます。
例えばニュースなどで、「連邦公開市場委員会(FOMC)はFFレートの誘導目標を2.00〜2.25%から0.25%引き上げ、年2.25〜2.50%にすることを決めました。」などと報じられた場合、アメリカは景気拡大が行き過ぎないように金融引き締めをしたということになります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ