初めてでもわかりやすい用語集

配当落調整額/配当落調整金 (はいとうおちちょうせいがく/はいとうおちちょうせいきん)

信用取引を行っている場合の配当金相当額の調整処理を指します。信用取引では、買い手(買い建て)は調整額を受け取り、売り手(売り建て)は調整額を支払う必要があります。金額は配当金から税金(配当課税分)を差し引いたものとなります。権利付最終日と権利落ちをまたぐ日に信用取引において、買い建て、または売り建てをしていた場合に発生します。

ワンポイント

企業の中には、本決算に加えて、中間決算時にも配当を実施している企業があります。配当を受け取るためには、権利付最終日の大引け時点で株を持っていれば配当を受け取る権利を得られます。ただし、信用取引の買い建ての場合には、配当落調整額として配当金相当額を受け取ることができますが、原則、株主優待は受け取ることができません。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ