初めてでもわかりやすい用語集

一般口座 (いっぱんこうざ)

一般口座とは、特定口座やNISA口座で管理していない上場株式等を管理する口座のことです。一般口座と特定口座を併用できる証券会社などもあります。
一般口座で管理している株式等は、投資家自らが1月1日から12月31日までの1年間の売買損益を計算し、翌年の2月16日から3月15日までに原則、確定申告をしなければなりません。給与収入が2,000万円以下で、給与の支払いが1箇所のみで給与所得・退職所得以外の所得金額が20万円以下の人、もしくは公的年金等の収入が400万円以下で、年金以外の所得が20万円以下の人は、所得税の確定申告をする必要はありません(住民税は要申告)。
また、年間を通算して損失となった場合には、確定申告は不要ですが、「譲渡損失の繰越控除」の適用を受ける場合、確定申告の必要があります。

※当ページは、平成29年1月現在における制度・情報をもとに、個人(居住者)の所得についての税制を説明したものです。

ワンポイント

証券会社などで株式の取引をする際は、「一般口座」、「特定口座」、「NISA口座」いずれの口座で行うのかを選択します。
どの口座で取引を行うかは、「確定申告の手間を省きたいので特定口座で」とか専業主婦などで「譲渡益の見込み額が小さい(所得控除を考慮すると申告が不要となる、またはその範囲内で取引したい)ので一般口座で」などといった具合に、投資家の状況に応じて選択することが重要です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ