初めてでもわかりやすい用語集

株式移転比率 (かぶしきいてんひりつ)

株式移転比率とは、1社または複数の会社が株式移転によって完全親会社を設立する際、子会社の株主に対し、持ち株数に応じて割り当てられる完全親会社(新会社)の株式の比率を指します。移転比率ともいいます。
例えば、子会社B社が株式移転により完全親会社A社を設立する際、B社の株主にB社株1株に対してA社株0.5株が交付された場合、株式移転比率は1対0.5となります。
株式移転による完全親会社の設立は、株式交換同様、企業再編の手段として日本では1999年に解禁され、主に持株会社制への移行などで活用されています。株式交換では当事者の一方が親会社であるのに対し、株式移転では親会社となる会社を新設する点に違いがあります。

ワンポイント

保有株式の会社が株式移転により完全親会社を設立した場合、株式移転比率に従って完全親会社(新会社)の株式が交付され、保有する銘柄や株数が変化します。その結果、単元未満株が発生したり、株主優待の条件がクリアできなくなったりするケースがありますので、関係する書類が届いたら目を通しておきましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

株主優待情報(銘柄検索)

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ