初めてでもわかりやすい用語集

リスクヘッジ (リスクヘッジ)

リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えることです。単にヘッジと呼ぶこともあります。
例えば、資産運用において、資産価値が一方的に下落することを最小限に食い止めるために、先物取引を使ってリスクを回避する方法があります。現物(株式など)を買い付けると同時に、先物市場で同量の売り注文を出して、現物の値下がりが続きそうなときに、先物市場で先に売ったものを安く買い戻せば、現物取引で生じた損失をカバーできます。利益追求より価格変動リスクを抑え安定した運用をするために使われます。これがリスクヘッジです。

ワンポイント

先物取引のリスクヘッジ手法を具体的に説明すると、例えばA社株を300円で1万株(300万円分)買った場合、思惑どおりA社株は、1カ月後350万円まで上昇しました。そこで、この50万円の利益を確保するために、先物取引で同社の株を350万円で1万株売っておきます。もし、ここからA社の株価が下がり始め330万円まで下がっても、先物として350円で売っていた分は、20万円の利益が出ていますので、すべて清算すれば50万円の利益となるわけです。ただしこの場合、A社の株が350円以上に値上がりをしても、その分の利益は享受できません。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ