初めてでもわかりやすい用語集

量的緩和政策 (りょうてきかんわせいさく)

量的緩和政策とは、中央銀行が金利引き下げではなく、当座預金残高量を拡大することで金融緩和を行う金融政策を指します。量的緩和政策の狙いとして、(1)実質ゼロ金利政策の継続、(2)金融機関が利息の付かない日銀当座預金から融資や証券投資にお金を回すこと、(3)アナウンスメント効果、(4)金融機関に大量の資金供給をして金融システム不安を解消すること、などが挙げられます。

ワンポイント

2013年4月4日には黒田東彦・新日銀総裁のもと、日本銀行が再び量的金融緩和を進めるため、金融市場調節の操作目標を金利から資金量に変更することを決定しました。2年間でマネタリーベースを倍増させる計画(2013年末に200兆円、2014年末には270兆円)で、2%という物価上昇率目標を掲げ、その実現まで継続する予定です。今回の政策は他の緩和策と合わせて「量的・質的金融緩和」「異次元緩和」と呼ばれています。一方、アメリカではQE(Quantitative Easing)と呼ばれ、FRBが2008年から3回にわたって実施(QE1〜3)しています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ