初めてでもわかりやすい用語集

代用有価証券 (だいようゆうかしょうけん)

信用取引の委託保証金を差し入れる際、一定の条件のもとで現金ではなく有価証券でこれを代用することができます。この代用のための有価証券を「代用有価証券」といいます。現金とは異なり、代用有価証券(株式や債券など)には価格変動リスクがあります。そのため、あらかじめ決められた掛け目(上場株式80%、国債95%など)を、時価に掛け合わせたものが、実際の代用有価証券の評価額となり、それが委託保証金の金額を満たす必要があります。代用有価証券と、信用取引で購入する有価証券の銘柄が同じ場合、信用買いの評価益・評価損と委託保証金の増減が同じ方向に動くため、「二階建て取引」などと呼ばれます。

ワンポイント

委託保証金の多くを代用有価証券にして、信用取引の枠を目一杯使って株式を信用買い、または空売りすると、少しの株価変動でも損益変動が大きくなり、リスクがその分高くなるといえます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ