初めてでもわかりやすい用語集

貸借銘柄 (たいしゃくめいがら)

制度信用取引の対象銘柄のうち、信用取引の買建だけでなく、売建(空売り)もできる銘柄のことです。証券取引所および証券金融会社が定める基準を満たした銘柄が選定されています。信用取引は、証券会社が投資家に資金や株式を貸し付けることで成り立っていますが、証券会社も資金や持ち株に限度があるため、それを超える場合には証券会社が証券金融会社から借りてまかなっています。なお、制度信用取引において買建のみ行うことができる銘柄を貸借融資銘柄と呼びます。

ワンポイント

信用取引の買い残や売り残は、基本、将来的に反対売買されます。ですから、どちらか片方に偏っている場合には注意が必要です。信用取引を行わない投資家でも、信用残はチェックしておきたいものです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ