サステナビリティ

社会貢献活動

当社にとって、地域・社会と共生し、社会に貢献することは重要なテーマです。プロボノワークの導入や、ブラインドサッカー支援、劇団四季「こころの劇場」の支援、各地域でのボランティア活動など、 企業市民としてより良いコミュニティへ貢献することの重要性を認識し、各活動に取り組んでいます。

プロボノワーク

プロボノワーク

2020年3月より、社会課題のより積極的な解決を目的として、国内金融機関としては珍しい、業務時間の一部を用いた「プロボノワーク」制度を導入いたしました。「プロボノ」とは、ラテン語で「公共善のために」を意味するpro bono publicoの略で、業務上で培った専門知識やスキルを無償提供する社会貢献活動です。本制度は、人材が不足しがちなNPOに対し専門スキルを有した社員が支援を行うもので、平日の業務時間中に一定期間まとまったリソースを提供し、証券業務の特色を活かした多様な活動を行うことにより、社会や経済のさらなる発展への貢献を目指すものです。

当社では、役社員一人ひとりが主体性を持ってSDGs達成に参画する企業文化の醸成を目指しており、本制度では、社内公募により選出された社員に加え、自発的に参加を希望する社員らがチームを組んで支援団体へのサポートを行うとともに、専門性を活かしながら社会課題の解決に貢献していきます。
多様性に富んだメンバー同士がプロジェクト達成を目指すことにより、社員のエンゲージメント向上やリーダーシップの育成にも取り組んでまいります。

プレスリリース

プロボノワーク

プロボノワーク

ブラインドサッカー支援

障がい者スポーツへの支援のひとつとして、ブラインドサッカーを支援しています。日本ブラインドサッカー協会は、「ブラインドサッカーを通じて視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会」を実現することをビジョンとしており、当社の経営理念にある「多様性の尊重」及び当社のダイバーシティに対する姿勢とも合致しています。当社と本協会がパートナー契約を締結し、当社役社員が各大会、 キッズトレーニングの運営スタッフとしてボランティアに参加しています。

IBSAブラインドサッカー世界選手権2015の様子

▲IBSAブラインドサッカー世界選手権2015の様子

ブラインドサッカー支援

▲©日本ブラインドサッカー協会

ブラインドサッカー支援

▲©日本ブラインドサッカー協会

劇団四季「こころの劇場」の支援

「こころの劇場」とは、2008年より劇団四季が行っているプロジェクトで、日本全国の子どもたちを無料で劇場に招待し、演劇の感動を届けることで子どもたちの心に生命の大切さ、思いやりの心、信じあう喜びなど、人が生きていくうえで最も大切なものを伝える取り組みです。当社は2015年8月より特別協賛を実施しており、当社の各部室店の近隣にて開催される公演においては、 当社社員による運営サポートや会場設営のボランティアをおこなっています。

劇団四季「こころの劇場」

▲撮影:下坂敦俊

劇団四季「こころの劇場」

環境保全活動

環境保全についての理解を深めながら、地域社会や参加者同士のコミュニケーションを図ることを目的に、清掃活動を行っています。より多くの役社員が自主的にボランティア活動に参加できる機会でもあり、当社役社員の一体感の醸成にも繋がっています。

荒川クリーンエイド

荒川流域でのゴミ拾いを通じて、社員の環境保全意識を高め、生物多様性の保護に貢献します。ゴミを分別し、数えながら拾うことでゴミのない社会を目指し、併せて外来種の除草と自然環境教室も実施しました。
当社は2006年から同イベントを毎年継続して行っています。

外来種の除草の様子

▲外来種の除草の様子

自然環境教室の様子

▲自然環境教室の様子

荒川クリーンエイド

障がい者アスリート社員の社会貢献活動

当社は、2015年より、雇用を通じ全社を挙げて障がい者アスリートの方々の支援・サポートをしていくことを目的として、2020年東京パラリンピックを含めた数々の世界大会で頂点を目指す世界トップレベルの障がい者アスリートを正社員として採用、国内外での大会や講演活動などを通じ障がい者への理解を深める活動を行っています。アスリートの姿に触れることで、また、同じ会社の仲間を応援することで、障がい者の方々を身近に感じ、多様な働き方や個性を自然と認められるようになることを目指しています。

また、2016年より、障がい者アスリート社員が全国各地の自治体、被災地や学校法人等に訪問し、障がい者アスリートとしての体験談や夢を持つことの大切さ等を講演したり、障がい者スポーツの体験会等を行う活動も実施しています。

障がい者アスリート社員の社会貢献活動

障がい者アスリート社員の社会貢献活動

障がい者アスリート社員の社会貢献活動

障がい者アスリート社員の社会貢献活動

災害支援活動

世界各地で発生した災害の被災者を支援するため、有志による支援物資の寄付や、被災地域に関連するファンドの収益の一部を義援金として寄付してきました。また、役社員にも支援を呼びかけ、被災された方々への救済および復興支援活動を行っているNPO法人や基金に寄付を行ったり、全国の支店網を活かした復興支援活動のサポートを目的に、被災地ボランティア時の交通費一部補助制度を取り入れるなど、会社・社員が一体となって取り組んでいます。

農業支援の様子

海岸清掃の様子

熊本地震復興支援活動

熊本地震復興支援活動

支援を行った主な災害等

  • 令和2年7月豪雨(2020年7月発生)
  • 新型コロナウィルス対策支援(2020年6月実施)
  • 中国における新型コロナウィルス(2019年12月発生)
  • 首里城火災(2019年10月発生)
  • 令和元年台風第19号(2019年10月発生)
  • オーストラリア森林火災(2019年9月発生)
  • インドネシア・スラウェシ島で発生した地震及び津波(2018年9月発生)
  • 北海道胆振東部地震(2018年9月発生)
  • 2018年台風第21号(2018年8月発生)
  • インドネシア ロンボク島北部地震(2018年8月発生)
  • 西日本豪雨(2018年7月発生)
  • 大阪北部地震(2018年6月発生)
  • 台湾東部地震(2018年2月発生)
  • メキシコ中部地震(2017年9月発生)
  • メキシコ南部地震(2017年9月発生)
  • 米国ハリケーン「ハービー」(2017年8月発生)
  • 九州北部豪雨(2017年7月発生)
  • 熊本地震(2016年4月発生)*
  • 台湾地震(2016年2月発生)
  • 台風18号(2015年9月発生)
  • 2015年ネパール地震(2015年4月発生)
  • 2015年南太平洋サイクロン救援金(2015年3月発生)
  • 長野県神城断層地震(2014年11月発生)
  • フィリピン台風30号(2013年11月発生)*
  • 中国四川省地震(2013年4月発生)
  • 米国ハリケーン「サンディ」(2012年10月発生)
  • 九州北部豪雨(2012年7月発生)
  • タイ洪水被害(2011年9月発生)
  • 平成23年台風12号被害(2011年9月発生)
  • 新潟・福島豪雨(2011年7月発生)
  • 東日本大震災(2011年3月発生)*
  • ニュージーランド地震(2011年2月発生)
  • *社員からの義援金に企業が同額を上乗せするマッチングギフト方式で実施。