FXの魅力と知っておきたいこと

FXってむずかしそう 〜FXとは〜

「FXってむずかしそう」そんな風に思っている方もいるのではないでしょうか。

でも、しっかりと理解してはじめると、少ない資金で大きな利益を得ることもできる、知られざる魅力があるサービスなのです。

まずは、FXがどんなものなのか、FXの特徴や最低限知っておきたいことをお伝えしていきます。

FXをするとどんないいことがあるの?〜FXの魅力〜

FXの魅力は、主に3つあります。

少ない資金で大きな金額を運用できる

少ない資金で大きな金額を運用できることは、FXの大きな魅力です。

金融商品は預けた資金の範囲内でしか取引できないものが多いですが、FXなら預けた資金の25倍まで取引できます。

預けた資金の何倍も取引できる仕組みをレバレッジといいます。


レバレッジの図


例えば日興FXで、米ドル/円をレバレッジ25倍で100通貨取引した場合、必要な金額は500円となります。(1米ドル125円と仮定した場合)

取引に必要な日本円の計算方法の図

レバレッジをかけることで、短時間で効率よく利益を得ることができます。

買いだけでなく売りからもはじめられる

外貨で運用する金融商品には色々なものがありますが、FXの場合、「安く買って高く売る」だけでなく「高く売って安く買う」ことができます。

例えば1米ドルを100円と仮定して、これからドルの価格が高くなりそうだと思うのであれば、1米ドル100円で買います。

実際に1米ドル110円になると、1米ドルあたり10円の利益になります。

差額の10円が1ドルあたりの利益の図1

逆に、1米ドルを100円と仮定して、これからドルが安くなりそうだと思うのであれば、100円で売ります。

実際に1米ドル90円になると、1米ドルあたり10円の利益になります。

差額の10円が1ドルあたりの利益の図2

このように、売りからも利益を狙えることが、FXの大きな魅力です。

24時間取引できる

投資にチャレンジしたいと思っても、なかなか時間が取れないという方は多いのではないでしょうか。

FXは、土日以外の平日や祝日(元日を除く)なら原則24時間取引できるため、さまざまなライフスタイルの方に適しています。

通勤時間や家事の合間など、スキマ時間を活用して取引できます。

24時間取引

知っておきたいこと〜FXのリスク〜

FXのリスクは、主に3つのことがあります。

為替変動によるリスク

FXは平日24時間取引できますが、為替レートは常に変動しています。

就寝中や仕事中といった取引ができない時間帯に、相場が大きく動くこともあります。

為替レートが予想よりも大きく動くと、場合によっては、想定以上の損失になるかもしれません。

初心者のうちは、自分なりのルールを決めて取引しましょう。

金利変動によるリスク

金利が変動すると、スワップポイントの金額が変わることがあります。

スワップポイントとは、通貨ペアを構成する2ヶ国の金利差によって発生する調整額のことです。

新たに通貨ペアを買った(もしくは売った)後、翌営業日まで保有すると、スワップポイントが発生します。

また、保有している間は毎日スワップポイントが発生します。

スワップポイントとは

金利が変動することによって、スワップポイントを受け取る金額が増える場合もあれば、支払いの金額が増える場合もあります。

また、保有している間に2ヶ国の金利が逆転すると、受取りから支払いに転じる場合もあるため、金利の動向には注意しましょう。

レバレッジの副作用

レバレッジをかけられるのはFXのメリットですが、リスクでもあります。

預けた資金の何倍もの資金で取引する場合、利益を得る時も大きいですが、損する時も大きいです。

レバレッジ1倍であれば預けた資金以上に損をすることはありませんが、1倍より大きい場合は、預けた資金以上に損をする可能性があります。

FX初心者の方は、まずは低いレバレッジからはじめていきましょう。

為替が大きく動いた時はどうするの?

FXを取引していると、想定よりも為替が大きく動くこともあります。

時には、保有している資産が含み損をかかえることもあるでしょう。

そのような時にどのぐらいの損なら許容できるのか、あらかじめ決めておくことが大事です。

  • 想定よりも1円下回ったら売る
  • 想定よりも1万円損したら売る
  • トレンドが変わったら売る

といったように、自分なりのルールを定めておきましょう。

また、一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失を防ぐために強制的に取引を終了させる仕組み(ロスカット)もあります。

ロスカットとは


ロスカットの図


もし、取引をはじめるのがこわいと思うのであれば、デモトレードからはじめてみましょう。

デモトレードをはじめてみる

「日興FX」をはじめるなら今すぐ口座開設

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。