初めてでもわかりやすい用語集

金利変動リスク (きんりへんどうリスク)

金利変動リスクとは、金利の変動により資産の価値が変動する可能性のことをいいます。投資の世界においてリスクとは、値上がり・値下がりを含めてどうなるかわからない(不確実)ということを意味します。
特に債券は金利の変動に大きな影響を受けます。債券の金利はあらかじめ決まっているのですが、満期前でも市場において時価で売買することが可能です。
そのときに市場の金利が上がっていれば、債券価格は下がります。なぜならば市場金利が高くなると低い金利の債券を売って、もっと有利な投資をしようという人が多くなるからです。金利が下がれば逆の動きになります。

ワンポイント

金利変動は、債券の価格変動の最大の要因となります。
私たちにとって金利変動で影響を受けるものといえば、預貯金の金利や住宅ローン金利など、さまざまな金利を思い浮かべますが、金融商品で、金利変動の影響を最も大きく受けるのが債券です。
2016年2月、日銀が初のマイナス金利政策を導入したことで、長期国債への需要が高まり、長期金利が低下しました。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ