サステナビリティ

全ての人にやさしい店舗作り

当社では、全ての人が生き生きと暮らしていける「全ての人にやさしい社会」の実現を目指しています。全国に支店を持つ金融機関として、年齢、性別、障がいの有無に関わらず全ての人が来店しやすい店舗、相談しやすい店舗作りを行っています。

認知症サポーター

当社の社員が認知症の方の状況やご高齢の方の身体機能低下について深く理解し、お客様の変化にいち早く気づき、適切に対応する為の知識を身につけることによって、当社が、より地域社会に貢献し、より信頼いただける金融機関となることを目的とし、本支店の営業社員が「認知症サポーター養成講座」を、2014年9月より順次受講しています。

認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、支援する応援者のことです。厚生労働省が「認知症を知り地域を作るキャンペーン」の一環として、「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症になっても安心して暮らせる町になることを目指す「認知症サポーターキャラバン」事業を、2005年度より実施しており、本講座は当該事業に沿ったものとなります。

ユニバーサルマナー検定

当社では、ご高齢のお客さまや障がいをお持ちのお客さまやそのご家族の方等、多様な方々がより安心してお取引いただけるよう、「ユニバーサルマナー検定3級」を取得した社員を全国の本支店に配置しています。

「ユニバーサルマナー検定3級」は、高齢者や障がい者への基本的な向き合い方やお声がけ方法を学ぶプログラムであり、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会が認定を行っております。

「COMUOON」、スロープ、筆談ボード等の設置

2015年5月より、店頭カウンターに卓上型対話支援システム「COMUOON(コミューン)」の設置を進めています。「COMUOON」は、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中石真一路)が開発・製造しており、発話する人の声を高性能マイクが的確に集音し、卵型のスピーカーを通して難聴者の方にとって聞き取りやすい音を作り出すことで、難聴者の方のコミュニケーションを改善する卓上型対話支援システムです。
また、筆談ボードや簡易スロープ、杖ホルダーを全国全ての本支店に設置、車いすの高さに合わせた接客カウンターやインターフォン等の設置も進めています。