積立投資のメリット

はじめよう!日興で積立投資

少ない金額からはじめられます

株式なら『キンカブ定期定額買付』で毎月1万円から、投資信託なら『投信つみたてプラン』で毎月1,000円から投資をはじめることができます。

毎月1万円から株式で!

毎月1,000円から投資信託で!

自動引き落としで、手軽に継続できます

『キンカブ定期定額買付』、『投信つみたてプラン』では、当社のお取引口座(日興MRF)を引落口座に指定いただけます。『投信つみたてプラン』では、銀行の預貯金口座を指定することもできます。

買うタイミングに悩みません!

  • 毎月自動的に買付金額が引き落としされますので、一度設定すれば、煩わしいお手続きは必要ありません。
  • 定期的に自動買い付けしますので、値動きに一喜一憂したり、買付タイミングに悩むこともありません。

お取引コストがお得です

株式

キンカブ

実質的なお取引コストであるスプレッドは一律1.0%と、通常のキンカブのスプレッド(概算注文金額が200万円未満の場合:2.0%)よりも、お得です。

投資信託

投信つみたてプラン

買い付けにかかる申込手数料は1.08%(税込)と、同じ投資信託を「投信つみたてプラン」を利用せずに買い付けた場合と比べて、お得です。

  • 「投信つみたてプラン」を利用せずに買い付けた場合と申込手数料率が同じファンドが一部あります。

バンク&トレードをお申し込みいただくと、投信つみたてプランの申込手数料が無料に!

バンク&トレードは、SMBC日興証券と三井住友銀行をつなぐ、便利な口座連携サービスです。

バンク&トレードをお申し込みいただいたダイレクトコースのお客様は、毎月の引落金額が10万円までの場合、申込手数料が無料となります。

詳しく見る

  • バンク&トレードお申込日の翌営業日(土・日・祝日の場合は翌々営業日)以降に到来する引落が対象となります。
  • 引落金額が10万円を超える場合は、通常の申込手数料となります。
  • 総合コースのお客様には適用されません。

安定した運用成果を期待できます

つみたて投資は、「時間の分散」、「長期保有」、「資産の分散」の効果で、安定した運用成果を期待することができる、賢い運用方法です。

時間の分散

一度に全額を投資するのではなく、毎月一定金額を積み立てる方法(「ドル・コスト平均法」といいます)で買付時期を分散させることによって、買付タイミングによるリスクを抑えることが期待されます。

つみたて投資のイメージ

  • 上記は、ドル・コスト平均法の概念を説明するためのイメージです。手数料・税など諸費用は考慮していません。なお基準価額は10,000口あたりの基準価額で表示しています。
  • ドル・コスト平均法は将来の収益を約束したり、相場下落時における損失を防止するものではありません。

長期保有

市場は、短期間でみると一時的要因で大きく変動することがありますが、保有期間が長くなるほど、年毎のリターンのバラつきが減り、安定する傾向があります。

②長期保有

  • リターンは、各投資開始年の年初から、それぞれの投資期間で投資した場合の、リターンの年率換算値

資産の分散

資金を1つの金融資産にまとめて投資せず、さまざまな種類に分散して投資すればリスクも分散され、リターンの安定度が増すことが期待されます。

③資産の分散

  • リターンは、各投資開始年の年初から、1年間投資した場合のリターン

長期分散投資の効果

分散投資と長期投資を組み合わせることで、より安定した運用成果が期待されます。

分散投資+長期投資で安定した運用成果が期待されます

  • リターンは、各投資開始年の年初から、5年間投資した場合の、リターンの年率換算値
  • 出所:Lipper IM 日本株式: TOPIX(配当込み)、海外株式:MSCIコクサイインデックス(除く日本)、日本債券:Citi世界国債インデックス日本、世界債券: Citi世界国債インデックス(除く日本)  すべて円ベース、トータルリターン 期間:1984年12月末〜2015年10月末

ご留意事項

手数料等について

SMBC日興証券株式会社(以下「当社」といいます。)がご案内する商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。例えば、店舗における国内の金融商品取引所に上場する株式(売買単位未満株式を除く。)の場合は約定代金に対して最大1.2420%(ただし、最低手数料5,400円)の委託手数料をお支払いいただきます。投信つみたてプランの取引を行っていただく場合には、申込手数料無料ファンドを除き、買い付けにかかる申込手数料は一律1.08%となります。換金時に直接ご負担いただく費用として、信託財産留保額があります。また、投資信託の保有期間中に、間接的にご負担いただく費用として「信託報酬」や「その他費用(監査費用、組入有価証券の売買手数料、信託事務の処理に関する諸費用等)」があります。その他費用については、運用状況等により変動するものです。詳しくは各ファンドの目論見書をご確認ください。上記手数料等のうち、消費税が課せられるものについては、消費税分を含む料率又は金額を記載しております。

リスク等について

各商品等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等及び有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む。)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれがあります。

上記の手数料等及びリスク等は商品毎に異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書又はお客様向け資料等をよくお読みください。

キンカブについてのご留意事項

金額・株数指定取引(愛称:キンカブ)の取引対象となる有価証券の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む。)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。金額・株数指定取引においては、相対取引を行う金融商品取引業者が当社に限られます。当社が倒産、または、金融商品取引業を廃業した場合には、本取引を継続できなくなるおそれがあります。金額・株数指定取引では、有価証券の取り扱い(名義・合算・振替・権利処理等)や受渡方法について一般的な株式等の取り扱いに比べ制約を受けます。また、金額・株数指定取引は、端数株を取り扱うことなどから、通常の株主等の権利(自益権、共益権)の行使に制約がかかります。金融商品取引所や日本証券業協会等による売買規制や当社の売買管理上の理由などから、一定の期間に、一定の取引対象銘柄の売買が行えなくなるおそれがあります。金額・株数指定取引は、金融商品取引所に上場する有価証券を対象に行う取引です。お取引の前に「上場有価証券等書面」に加えて「金額・株数指定取引説明書」をお読みください。

このページの関連情報