『狭い』が吉!

『狭い』が吉!

まとめ

FXではスプレッドについて表現するとき“狭い”や“広い”という言葉を使います。
スプレッドが狭ければ、取引コストが少なくなります。逆にスプレッドが広いと、取引コストが高くなります。
FXでは取引手数料がかからないケースが多いですが、このスプレッドが実質的な手数料になるので、取引する際は、スプレッドも意識しましょう。

前のマンガへ

FXの取引コストって

次のマンガへ

スプレッドの広がりにご用心!

マンガでわかる!FX

関連コンテンツ

FXとは

FXの「仕組み」や「収益」を詳しく説明しています。

FX気になるポイント

FXの気になるポイントをコラム形式でご紹介しています。

「日興FX」をはじめるなら今すぐ口座開設

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。